So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年3月31日(月) 増税の影響は限定的。本当だろうな? [1.21世紀前半を駆け抜けろ!]

2014年3月31日(月) 増税の影響は限定的。本当だろうな?

いよいよ本日で消費税5%の時代も終わり。
それにしても期末を控えたこの数日の日中相場は非常に力強く、
不思議な動きである。

だいたい最近は四半期末になるとなぜか力強く、
あたかも期末の帳簿の数値を少しでも見栄え良くするがごとくである・・。

官の意図的買い支えによる「官製バブル」助長か?


さて、今朝の日経での鈴木敏文氏のコメント(下記)は比較的
正直であると思う。

「駆け込みの3月と買い控えの4月の売上高を合わせて前年と比較すると
マイナスになるのではないだろうか。商品によっても違ってくるが、
5月を含めても前年を下回るかもしれない」
「景況感の見極めは6月だ。8%の消費税に慣れて平時の消費活動に
戻るのか、それとも拒絶反応を起こして生活防衛に走るのかが
明確にわかるだろう。」

一方で、自称アナリストの提灯コメントは何の役にも立たないのである。

3/30日経朝刊
「個人消費は7月にはかなり回復する」(大和総研熊谷亮丸チーフエコノミスト)
「米経済が大きく崩れることは考えにくく、14年度の輸出は前年度比で
4%程度増える」(第一生命経済研究所新家義貴主席エコノミスト)
「1ドル=100円を超える円高となる可能性は低い」
(野村証券池田雄之輔チーフエコノミスト)

↑ホンマか?

誰か一人でもよいので、「消費税増税後は反動により厳しい経営環境
となり・・・」と警鐘を鳴らしてもよさそうなものであるが。
皆そろいにそろって、「影響は6月まで」とのたまうのである。

それもそのはず、次なるステージである消費税10%への判断は
今年の年末であり、そのための指標として用いられるのが
2014年7-9月期のGDP成長率(11/17に一次速報)だからである。

7-9月期に腰折れするわけにはいかない、という財務省の思惑が
こうしたコメントに織り込まれているのである。


それを見越してか、今年も懲りずに6月ごろに「成長戦略」を打ち出すらしい。

年末の消費税10%判断めがけて、4月以降もさまざまな展開がありそうですな。




<今後の重要日程>

日程 予定
2014/4/1 消費税率8%へ
2014/4/8 国際収支速報(2014/2)
2014/4/21 貿易収支速報(2014/3)
2014/4? オバマ大統領来日(予定)
2014/6 「成長戦略」発表(予定)
2014/11/17 7-9月期GDP一次速報
2014/12 消費税10%判断(予定)


▽貿易収支速報
http://www.customs.go.jp/toukei/latest/index.htm?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

▽国際収支速報
http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/release_date.htm



さて、当ブログ特製チャートは以下のとおり。


(25年チャート)1988/1/4~2014/3/28
20140328_chart_1.png

(13年チャート)2000/1/4~2014/3/28
20140328_chart_2.png

(2年チャート)2012/1/4~2014/3/28
20140328_chart_3.png


未来投資2050 Twitter (@mis2050)

▼もし少しでもお役に立てたようでしたら、クリックしていただければ幸いです▼


にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。