So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年9月7日(月) 消費税率15、20%への引き上げが閣議決定される [2.日本を捨てよ、世界へ出よう!]

■2015年9月7日(月) 消費税率15、20%への引き上げが閣議決定される

ついに日本は危険な賭けに出てしまった。
日銀による無尽蔵な円の増刷と、国債の引き受けである。

無尽蔵な円の増刷は円安をもたらし、
長期国債の引き受けは身の丈以上の財政出動をもたらす。

いつまでもこうした劇薬=モルヒネをうち続けるわけにはいかない。
そのツケは必ず後でやってくる。

「緩和」があれば、いつかは「引締」をしなければならない。
こんな劇薬を打っておいて、いったいどうやって戻すというのだろうか。

体力のある若い身体(国)ならまだしも、日本は高齢化&人口減少の国である。

一般人が「アベノミクス」に酔いしれている間に、衆院・参院は一枚岩となり、
2016年まで好き放題の国会運営を続ける。
ここから3年間の激動ぶりが見ものである。

その中で、必ずやさらなる増税が決定されるであろう。
消費税8%、10%などといっているうちに、15%、20%はもう目の前である。


(今後起きること)
・貨幣価値の下落によって、物価の上昇がもたらされる
・貨幣価値の下落によって、株式や不動産など、資産価額の上昇がもたらされる
・貨幣価値の下落によって、円安になり、輸入物価の上昇がもたらされる
・貨幣価値の下落によって、円安になり、外資による日本企業・資産買収が進む
・日銀による国債の引き受けによって、財政の規律がさらに緩み、赤字が拡大する
・消費税のみならず、所得税や相続税など、今後も増税が続く
・物価の上昇によって、課税評価額が上がり、資産課税はますます増税となる
・緩和から引締への観測が出た瞬間に、日本国債(JGB)金利は一気に高騰する

(対策)
・円安に備えて、円を外貨へシフト(ただし段階的に)
現金から株式や不動産などの資産へシフト
(ただしバブルの状況を見極めながら、逃げるときはすぐに逃げられるように準備)
・将来の大増税を見据えた節税対策(海外移転も視野に)


繰り返しになるが、酔いしれていられるのは2013年7月の参院選まで。

その後2年間くらいは株高ばかりが目立って、資産価値の下落やその副作用に
気付かないかもしれない。

しかしながら、このままいけば次の国政選挙となるであろう2016年頃には
悲惨な結末が見えてくるはずである。

一昔前の米国サブプライムローン同様、「普通に考えてオカシイ」ことは、
やはり「オカシイ」のである。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2013年12月2日(月) 「アベノミクス」が2013年の新語・流行語大賞に [2.日本を捨てよ、世界へ出よう!]

■2013年12月2日(月) 「アベノミクス」が2013年の新語・流行語大賞に

消費税増税を4ヵ月後に控え、その後がどのようになるのかも知らず、
「アベノミクス」が2013年の新語・流行語大賞に選ばれるんでしょうなぁ。

「アベノミクス」・・・なんと「美しい」響きでしょうか。
これはどうやら物価や株価や給料が上がる、素晴らしい経済政策らしい・・。

よく知らない人はそう思っているかもしれません。
いったい誰が何のためにこの単語を流行らせているのでしょうか。

それを考えずに、この単語に酔わされていてはいけません。
どのマスコミも、よくもまあこんな俗な単語を使うものだと呆れます。
彼らは政府広報でしょうか?

個人的には、今年最大の「思考停止ワード」だと思っております。
投資をするのであれば、この裏にあるものを見極めねばなりません。


■「アベノミクス」は種火でしかない

今の状況は、日銀が見境なく円を刷って市場に供給しつつあるがため、
現金の価値が下がり、相対的に株価が上がり、円安になっているだけのもの。

企業の給与アップについても、当然と言えば当然。
これまで人件費を切り詰めてきた結果、無借金企業や内部留保の潤沢な
企業が溢れていますので、そのような企業が家計部門に少しだけ分け前を
増やしただけ。一方で、株主にはもっと払ってますよ。

まあ、これらを好景気と錯覚して、生産性を上げるとか、仕事を頑張るとか、
経済に着火すれば確かに好循環が生まれるかもしれません。

ただ、目先は増税とTPPが待ち構えており、思いっきり逆風が吹いています。
結果、種火は種火として、消滅する可能性が高いのではないかと思っています。


■種火の具体的成果も見えずに参院選に突入

先週読んだ記事によれば、今年秋の消費税増税判断については、
2013年4-6月期のGDPやPCI等のデータを用いるらしいですね。

というのも、7-9月期のデータが発表になるのが11月なので、10月の判断には
間に合わないというもの。そこで、4-6月期のデータであれば、発表が8月
なので、10月の政策判断に間に合うと。。。

つまり、2013年7月21日(日)の参院選時には、データはありませんが、
参院選後の8月にデータを見て政策判断するというシナリオです。

そうすると、参院選時に消費税を争点にしようにも、政策判断に使う
具体的なデータは手元になく、抽象的・感覚的に論争が繰り広げられる
ことになります。

また政治家の茶番劇を見せられるのか・・・。
きっと美辞麗句のオンパレードでしょう。


■TPPまで種火をつけてしまった

そしてTPP。これまた「聖域」など思考停止ワードのオンパレードで皆を
騙しつつ、7月から交渉に参加することになるが、奇しくも参院選前後である。

参院選で圧勝し、TPP、増税を思いのままに進めるシナリオなんでしょう。
前にも書いたとおり、9/7頃に「東京にオリンピックがくるか否か~!!」
なんて呆けているうちに、全てが決まってしまいます。

それにしても、マスコミはひどい。
あれだけTPPを宣伝しておきながら、今日になって日経新聞は「米国とのネゴは
タフだ」といったような論調の記事(『号砲TPP(1)』)をいけしゃあしゃあと
載せるのですから。

日本がいくら「聖域」だといったところで、米国相手に交渉しても勝てるわけがない、
というのが現実。

それなのに、これまでは「聖域を約束してもらった」と宣伝してTPP参加を決めて
おきながら、「やっぱり交渉は大変」ということを伏線として出し始めるわけです。
政治家・テレビのみならず、新聞までもが茶番劇を繰り広げるものですから、
呆れてしまいます。


■種火が種火のままで消えるとき

話がそれましたが、ここからが本番。今後の相場シナリオへ。
これまでの話からすると、消費税増税判断にデータを用いる4-6月までは
なんとか種火を持たせようとするでしょう。6月下旬には株主総会もあるし。

7月は大事な参院選前後。とはいえ、選挙当日まで株価が上がり続ける必要は
ないので、7月に入って少し下がり、選挙結果を受けて小反発を演出するでしょう。
ねじれ国会が解消されて、日本の先行きが明るくなったという論調で、
ご祝儀相場とかなんとかいって。

7月下旬~8月に入ると、一般人が夏休みやプロ野球で呆けてきますので、
その間にTPPにおける米国との厳しい交渉現実が明るみに出るとととに、
4-6月期データによる増税判断など、「ねじれなき」政治はやりたい放題。

ただ、そうはいっても株価はそれほど下がらないかもしれません。
その代わり、円の価値、現金の価値が著しく下がりはじめる可能性はあります。

円安、給与の上昇を上回る増税と物価高、外資による日本企業買収。。。
これがアベノミクスの正体だったのかと気づくのは9月末頃かもしれませんね。

これからの半年間はなかなかエキサイティングな投資ができそうです。


■あと半年で儲けよう

それにしても相場は正直です。
本日(4/1)の下落にしても、一瞬権利落ちかと思うくらいの下落。

日経平均:-262.89(-2.12%)
TOPIX:-34.14(-3.30%)

特にTOPIXは下落。日経平均が-2.1%なのに、TOPIXは-3.3%。
そこまでして3月期末の株価を高くしておき、好決算を出しておきたかったのかと
思うくらいの不自然な動きです。

おかげで利益確定売りラインに到達した銘柄が続出し、ポジションの多くが
現金化されてしまいました。ここから少し下げトレンドに入るのかもしれません。

しばらく様子見しながら、下がってきたところで買いですね。
あとは外貨ものと、アジア株かな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。