So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年6月18日(火) 選挙後の株価を占う [1.21世紀前半を駆け抜けろ!]

■2013年6月18日(火) 選挙後の株価を占う

成長戦略の閣議決定も終わったが、予想通り「劇薬」施策は
選挙後の秋の臨時国会に先送りしたようである。

そして、いよいよ選挙・株主総会・選挙である。

参院選後は、久々のねじれ国会解消による「御祝儀相場」と、
一部優良企業の株価上昇が見込まれるであろう。

一方で、中途半端な企業・零細企業は再編・淘汰の対象となり、
各種増税(消費税、相続税)と社会保障縮小(混合診療、年金支給年齢引き上げ等)が
庶民の生活を苦しめることになるのである。

このようなときは、①がんばって「勝ち組」を目指していくのか、
②世相を読んで投資資産を守る・増やすか、である。



そろそろ、選挙後の3年間と株価の動きを考えてみませんか?



<今後の重要日程>

日程 予定
5/16(木) 【済】8:50 内閣府 GDP速報発表(1-3月期)
5/17(金) 【済】成長戦略第2弾発表(農地の集約化、農産品の輸出増、集中投資促進期間、大学改革)
6/5(水) 【済】成長戦略第3弾発表(特区や民間資金を活用した社会資本整備(PFI)推進が柱)
6/9(日) 【済】「0増5減」で衆参同日選に持ち込むかどうか判断
6/14(金) 【済】東京都議会議員選挙告示
6/14(金) 【済】「成長戦略」閣議決定
6/14(金) 【済】メジャーSQ清算日
6/17(月)~ G8サミット(イギリス) 6/17-18
6/23(日) 東京都議会議員選挙
6/25(火) 3月期決算企業の株主総会佳境
6/26(水) 今国会 会期末
7月中旬 TPP会合 マレーシア開催(7/11-25のいずれかに開始)
7/4(木) 参議院議員選挙公示、米国独立記念日
7/21(日) 参議院議員選挙
7/23(火) TPP会合への日本参加(7/23-25の3日間だけ)
8月 経済財政諮問会議→2014年度予算の概算要求閣議決定へ
8/12(月) 8:50 内閣府 GDP速報発表(4-6月期)
9/7(土) 2020年オリンピック開催地決定
9/9(月) 8:50 内閣府 GDP二次速報発表(4-6月期)
9/30(月) 消費税率上昇に対する経過措置(2013/9/30までの契約であれば、完成・引き渡しが2014/4以降でも現行税率適用)の終了


さて、チャートは以下の通り。


(25年チャート)1988/1/4~2013/6/17
20130617_chart.png

(13年チャート)2000/1/4~2013/6/17
20130617-2_chart.png


(2年チャート)2012/1/4~2013/6/17
20130617-3_chart.png



未来投資2050 Twitter (@mis2050)

▼もし少しでもお役に立てたようでしたら、クリックしていただければ幸いです▼


にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

2013年6月7日(金) 成長戦略がショボイのは当たり前 [1.21世紀前半を駆け抜けろ!]

■2013年6月7日(金) 成長戦略がショボイのは当たり前

相変わらず株価は大きく動きながら、下げ基調にある。

おかげさまで、5月中旬から仕込んでいた「日経平均ベア」は
右肩上がりとなり、水曜日に売れたところである。

今日の相場や円高をみると、まだ持っていたほうがよかったか?


それはさておき、最近のボラティリティ上昇に対してメディアはやたらと
海外投資家のせいにしているが、そもそもの原因は“公的仕手筋”の
日本政府と日銀がマーケットをゆがめているからということは
言うまでもないであろう。


さて、予想通り、成長戦略第三弾の発表はショボイものとなった。

それもそのはず、来たるべき参院選を考えたら踏み込んだ改革を
発表できるわけもないのである。

で、本当に踏み込んだ改革が出されるのは「参院選後の3年間」である。

しかも、投資家と一部経済界は喜ぶかもしれないが、
一般庶民にとっては非常につらい内容となろう。

これは、ある企業の再生策によって、株主は喜び株価は上がるが、
従業員は疲弊するという構造に似ている。

それくらい日本は貧窮しつつあるのである。

もしあなたが、業績不振で先行きが怪しく、再生ファンドに売り飛ばされるのを
目前に控えているような企業の従業員であったらどうするであろうか?

「民間活力の爆発」とはよくいったものだ。

国家でできることはもはや限られているし、
そもそもカネがないので「無い袖は振れない」だけである。


・・・その他いろいろとケチをつけていても仕方がない。
庶民にできることは、正しい情報を取捨選択し、自ら考え、
自らの資産を拡大(または防衛)するのみである。


なお、選挙後のキーワードは以下の通り。

・原発再稼働決定(選挙直後かも)
・TPP参加(日本の求める聖域は幻想であったことが明白に・・)
・消費税アップ正式決定(4-6月期GDPだけで強引に判断)
・労働法制(いわゆる金銭解雇)
・混合診療(国民皆保険の解除)
・法人税優遇(でも外資企業のみ)
・外国人大量誘致(高度専門職、大学教諭等・・)
・英語の第二公用語化

これらの話が本格化すると、一般庶民としては嬉しくないことも
多いが、株価は再度上がる可能性がある。

たとえ一般庶民の生活が困窮しようとも、株価は上がるときは上がり、
下がるときは下がるのである。

ぜひともこれらのテーマと、関連銘柄の動きに注目したいものである。

なお、最近の相場は、日本全体にTOBがかけられるのを期待して
内外の再生ファンドが思惑買いをしているようなものである。
(ボロ株が仕手化して爆騰するのによく似ている・・・。)


関連する米国企業の株のほうが上がるかも。
研究を進めねば・・・。


<今後の重要日程>

日程 予定
5/16(木) 【済】8:50 内閣府 GDP速報発表(1-3月期)
5/17(金) 【済】成長戦略第2弾発表(農地の集約化、農産品の輸出増、集中投資促進期間、大学改革)
6/5(水) 【済】成長戦略第3弾発表(特区や民間資金を活用した社会資本整備(PFI)推進が柱)
6/9(日) 「0増5減」で衆参同日選に持ち込むかどうか判断
6/14(金) 東京都議会議員選挙告示
6/14(金) 「成長戦略」閣議決定
6/14(金) メジャーSQ清算日
6/17(月)~ G8サミット(イギリス) 6/17-18
6/23(日) 東京都議会議員選挙
6/25(火) 3月期決算企業の株主総会佳境
6/26(水) 今国会 会期末
7月中旬 TPP会合 マレーシア開催(7/11-25のいずれかに開始)
7/4(木) 参議院議員選挙公示、米国独立記念日
7/21(日) 参議院議員選挙
7/23(火) TPP会合への日本参加(7/23-25の3日間だけ)
8月 経済財政諮問会議→2014年度予算の概算要求閣議決定へ
8/12(月) 8:50 内閣府 GDP速報発表(4-6月期)
9/7(土) 2020年オリンピック開催地決定
9/9(月) 8:50 内閣府 GDP二次速報発表(4-6月期)
9/30(月) 消費税率上昇に対する経過措置(2013/9/30までの契約であれば、完成・引き渡しが2014/4以降でも現行税率適用)の終了


さて、チャートは以下の通り。


(25年チャート)1988/1/4~2013/6/6
20130606-1_chart.png

(13年チャート)2000/1/4~2013/6/6
20130606-2_chart.png

(2年チャート)2012/1/4~2013/6/6
20130606-3_chart.png


未来投資2050 Twitter (@mis2050)

▼もし少しでもお役に立てたようでしたら、クリックしていただければ幸いです▼


にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。